ボイトレ

ボイトレ

あなたの表現をパズルに例える

人の数だけ表現がある。個性がある。あなたにしか出来ない表現を追求したり、また誰かの表現を自分のモノにするのも楽しいですよね♫偏りすぎず考えすぎず、いつでもカッコ良く歌い切るにはどうすれば良いでしょう?

ボイトレ

自分の立ち位置を客観的に見よう!

何かをやると失敗はつきもの。だけど気づかぬうちに元の道に戻れなくなったことはありませんか?”遠回りしたけどそれがあったから今の自分がある”と思えるよう、客観視することはとても大事なことかもしれませんね。

ボイトレ

心を大事にできれば丁寧に歌うことができる

ボイストレーナーの仕事をしていると様々な性格や人生観を持った方に出会います。私にとっては毎回毎回ドラマを見ているよう。その人の声を聞けば本人さえ気づかない魅力や才能が飛び出して来るのです。そんなしみじみした思い出をピックアップします。様々なきっかけで歌うことをやめた方も読んでくださいね。

初級

生演奏で歌い慣れるにはミュージシャンの気持ちを理解せよ

センターに立って歌うならバックミュージシャンを仕切らなければならない。そんなプレッシャーを感じる前にいつも通りの自分で歌うにはどうしたら良いのだろう?そんなゴールを目指す為の技とコツをお伝えします。 生演奏で自覚すべきこと 当...
初級

「その発声、正解?」ーリップロール編ー

ボーカリストになるならリップロールは基本!とレクチャーする方が多くいらっしゃいます。リップロールをしていれば間違いはないと私も自信を持って言えますが、注意事項をここでいくつかお話します。こんなことをぶっちゃけるのは多分.....私だけかも?!

ボイトレ

ボーカリスト必須、発声を駆使するとは?

歌を歌うというのは声を出すということ。ここでつまづいてしまうと次に進めないくらい重要なポイントです。歌い終わって録音を聞くまで不安。3曲歌って声が枯れなくなったことが結果としてあるのなら大きな自信になる。でもいつも結果を見て自分を評価するのは疲れませんか?そんなあなたに贈る「ボーカリストとしてのポテンシャルを知り、最高のパフォーマンスを出す準備ができるようになる」そんな気付き方。

初級

自己流ボイトレの落とし穴 ー高い声編ー

高い声が出るというだけで注目される時代がありましたが、今もそんな風潮は残っているのではないでしょうか?それだけ高い声を出すのは自己流で解決するのは難しいのかもしれませんね。

メンタル

ヤル気があっても○○○をしたら全て台無しになること。答:言い訳

ヤル気があっても何か足止めされている気がしたり、最近上手くいかないことが多いなど原因不明の停滞期にいらっしゃる方はいらっしゃいますか?原因は様々ですが日頃無意識にしている○○○が原因かもしれません。ちょっと耳痛い話かもしれませんがご覧くだ...
ボイトレ

「その発声、正解?」ー腹式呼吸編ー

生演奏で歌っている方なら、とにかく声を出さなければいけない!という意味が分かると思います。しかし、がむしゃらに出しているだけでは喉がガラガラになるだけ。一曲歌い終わらないうちにゲホゲホ!なんてことはありませんか?メンバーから注意を受ける前にここで解決しておきましょう。

上級

歌っている時の空間の捉え方・空気の操り方

ボーカリストたるもの、いかなる時も気持ちがブレしまっては大失敗してしまいます。本番でコケないためにも日頃からアレやコレ、ソレにコレに意識して対処の引き出しを多くストックするべし。詳しくは本文をどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました