自己流ボイトレの落とし穴 ー高い声編ー

初級

高い声が出るというだけで注目される時代がありましたが、今もそんな風潮は残っているのではないでしょうか?それだけ高い声を出すのは自己流で解決するのは難しいのかもしれませんね。

 

🌱初めましての方はこちら📲

 

このサイトに訪問下さりありがとうございます。金魚です。

『歌が下手過ぎて夜も眠れない!』を怒鳴られていた私がなぜ音楽で収入を得られるようになったのか?何を経て教える立場になれたのかを細かく噛み砕きながらテーマごとにお伝えしていきます。

質問、聞きたいテーマなど大募集!

 

基礎トレーニング

何をやるのでも基礎は存在します。歌はジャンルによって・先生によって・時代によって数多くの基礎が存在し、しっかり学ばないと本物の技術か偽物なのか分かりません。ここで言う【基礎】はそれなりの数のボイトレの基礎を学んできた私の見解です。全てに精通している訳ではありませんのでご了承ください。

高い声と基礎の関係

私のレッスンに通ってくれた生徒さんから「高い声を出すにはどうしたら良いですか?」と多く質問受けることがあります。その理由は、好きな曲を原曲キーで歌いたい最後のサビのあの上がる部分を出したい一曲歌ったら高い声が出なくなるなどです。

ネットを見れば、高い声は頭から出す下半身に力を入れると書いてあり混乱したことはありませんか?正解といえば正解ですが、高い声を頭から出すまでの過程でやるべきトレーニングがあり、下半身に力を入れて高い声を出すには、どこに力を入れるべきなのかを理解しなくてはいけません。

ボイトレって、、色々あるんです。

【高い声は頭から出す】と言う解説

このテーマは私のレッスンで1回目に話すことがよくあります。ボイトレは基礎のトレーニングがとても大事。でも、もっと大事なのは勘違いしていることを理解することが大事なのです。

 だって、

高い声は頭から出すって

意味

分からなくないですか?

俺もわからん。

高い声は頭から出そうと考えてしまうと思考が強くなってしまうので初めから出せる人はいるのかな、、?と思うくらい最初から何なく高い声を出せた生徒さんに出会ったことがありません。

見本となるボイトレの先生やアーティストは難なく馬鹿でかい高い声を出せるのでそれをすぐに出そうと喉に力が入ってしまうのです。喉に力が入っても高い声は出ると思います。でも声帯さんがいじめられっぱなしで可愛そう、、

すぐに声が枯れて一曲も歌えなくなってしまいませんか?それは、めいいっぱい力んで高い声を出す自主練をしてもめいいっぱい力んで出す高い声しか出せなくなってしまうからなのです。

その癖を治さないと

一生それで終わっちゃいます。

下半身の力が必要な理由

足腰が悪くて立ち上がれないなど、何かしらの理由で下半身が使えないのは駄目と言う訳ではありません。結論を言いますと下半身の力を使うと芯のある高い声が出やすくなると言うことです。

では下半身てどこからどこまで??

骨盤から足の裏まで

膝だけ曲げても腰を下げるだけでも最大の効果は発揮しません。下半身の力を使った後に芯のある高い声が出るのではなく、高い声を出すと同じタイミングで下半身の力を使います。うまくタイミングを合わせる練習も必要ですが、その前に下半身の力を使うとはどう言うことか?から理解を深めるととてもスムーズに自主トレができます。

高い声を出す時の注意点

楽曲を歌いながら高い声を出す練習をしない

これはカラオケ共に同様です。楽曲を歌いながら練習すると言うことは今までの歌い方を変えずに練習しているということです。体の使い方をどう直して行くのか?と改善せずに歌うので100回歌っても100000回歌っても変わりません。声帯がいじめられ続けているだけです、、かわいそうです。

今までとは違う歌い方をしたいと思うのなら、意味のある練習をすることが基本ですよ。

高い声が出るかも?出ないかも?と不安になるのを止める

本当の意味で技術を理解していないと、歌っている途中で・発声練習で「高い声が出ないかも!!」と予め予測し、「ほら、やっぱり出なかった。。」と落胆するパターンを繰り返しがちです。例え出たとしてもそのギャンブル的考え方はやめて確実に高い声を出すやり方を身につけましょう

高い声ばかりに執着しない

このブログの最初の方でも書きましたが、私のレッスンで高い声を出したいと希望される生徒さんが多いとお伝えしました。ここで知って欲しいことがあります。

高い声も低い声も、中音域の声も同じ声という部類。

自主練で高い声が綺麗に出るようになっても、中音域や低音域も同じ声質で出せるようになっていますか?高い声を完璧に出せるということは、あなたの声域全て完璧に出せるということです。偏ることなく、バランス取って自主トレしましょう。

初めから完璧を求めない

同じようなことを書いてきましたが、初めから名一杯力を入れて高い声を出す練習をしないでください。お願いです。

その名一杯とはどれ位の力でしょうか?100%ですか?120%ですか?その力の割合だけで高い声を出す練習をしていると、歌でも100%120%力が入った高い声しか出せないのです。80%の力で出そうとしても力の抜き方が分からず、、そして30%の声量で高い声を出そうと思っても、100%・120%の力を入れることしか脳みそが覚えていないのです。そうなってしまうと力を抜くということが分からず、そして癖を取るのにもとてつもない時間を要してしまうのでお気をつけ下さい。

で、頭から高い声を出すってどういうこと?

声は口からしか出ません。頭に口があるっけ?でもあのボーカルは頭から高い声が出ている感じがする。

どういうこっちゃ??

そんな時は思考の整理をしましょう。先ほどもお話した通り、頭には口がありません。では、頭から高い声が出るということはどんなことなのか、、、?

ヒント

頭に声が響いている。

あ、

答え言っちゃった、、、

(上手いヒントが見つからなかったので、、、)

そう、頭に高い声を響かせる。今すぐ、喉や全身の無駄に力んでいた筋肉を使うのを止めましょう!

高い声が何なく出る歌い手は、力を抜いて高い声を出す練習をしているから歌っても力まないのです。

これが、真髄

まずはリラックス。そしてリラックス。今までどこに無駄な力みがあったのだろう?と丁寧に見つけて下さいね。

自己流ボイトレでこれだけは気をつけて欲しいこと。

ずばり、思い込み

私は高い声が生まれつき出ない。(専門家に診断してもらいましょう)

いきなり高い声出せる訳ないよねー?(使い方覚えたら出るかもしれない)

いっつもさ、このサビの高いとこ出ないのよ。(高い声出せないと自分に暗示をかけている)

咳払いしたら高い声が出る。(咳は声帯を痛めます)

コーラを飲んだら途端に声がガラガラになった。(それも自己暗示で声帯周りの筋肉に力が入るよう、無意識に脳みそがコントロールしている)

私は才能ないのか?(え?決めつけ??)

レッスンに通っていても、自己流でボイトレしていても今までのやり方を変える。無意識にコントロールされた考え方を変える。これが踏ん張りどころです。

素直さと柔軟性持つことがポイントなので、出来ないと落ち込むのではなく勘違いしていたことを正しいこと上書き保存して練習していきましょう。

10年後でも同じ声で歌っていたいですよね。世界に1つしかないあなたの声を、どうか大切にして行ってください。

思うようにならないというあなたは

あなたに合った練習法をアドバイスします

 

↓↓ご登録お願いします↓↓

📱オンラインレッスンやライブなど最新情報を受け取る🐠

金魚Official LINE

 

📺YOUTUBEで観る🐠

金魚CHANNEL

 

 

ソファやベットで気軽に出来る、金魚メソッドをオンラインレッスンから導入します🎤

気軽に始めたい方、時間が無い方にピッタリ!もちろん、本格的にやりたい方にも合わせたメソッドも惜しみなく用意致しました。

お申し込みの方には、あなたの歌声を5項目のチェックシートから診断し、未来の自分像に合わせたアドバイスや詳しい実践方法を書いたPDFをプレゼントします🗒

オンラインレッスンを詳しく見る

 

リップロールの効果1
不公平だし不平等
バンドマン•ミュージシャンがなぜモテるのか?
ボーカリスト必須、発声を駆使するとは?
コロナの時代、ミュージシャンはどう生きる?
保護中: Kingyo voice Garden Facebookサロン特典①
自己治癒力は高めないとね!
趣味はお風呂
あなたの表現をパズルに例える
自分の立ち位置を客観的に見よう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました