歌っている時の空間の捉え方・空気の操り方

上級

ボーカリストたるもの、いかなる時も気持ちがブレしまっては大失敗してしまいます。本番でコケないためにも日頃からアレやコレ、ソレにコレに意識して対処の引き出しを多くストックするべし。詳しくは本文をどうぞ!

 

🌱初めましての方はこちら📲

 

このサイトに訪問下さりありがとうございます。金魚です。

『歌が下手過ぎて夜も眠れない!』を怒鳴られていた私がなぜ音楽で収入を得られるようになったのか?何を経て教える立場になれたのかを細かく噛み砕きながらテーマごとにお伝えしていきます。

質問、聞きたいテーマなど大募集!

 

瞬時にその場の空気を察すること

ボーカリストは図太い骨を持っていそうで、たまに出てしまうビビリ。経験ないでしょうか?私はよくあります。笑

しかしそのビビリの緊張感を楽しむか楽しめないかで本番のクオリティが変わってきますし、むしろ大成功か大失敗のどちらかになってしまうこともあるのです。

状況別に分けて詳しく解説します。

リハーサルと本番の空気や音の聞こえは違って当然。

やり慣れているライブハウスや会場でしたら【空間を捉える】ことの意味が分かるでしょう。しかし、誰かに呼ばれたイベントや営業活動はどんなステージでお客様の層など当日または本番になってみないと分からないものです。意思疎通できるPAさんでしたらジェスチャーなしですぐ解決できるのですが、、MCで「業務連絡、足元に○○の音を返してください」なんてカッコ悪いから絶対言いたくないですよね。

ステージ上で音が聞き取れない時、私は外音を聞くようにしています。リハーサルで中音と外音の僅かなズレを把握しておくと完璧ですね。そして、お客様の顔を見て、どう聞こえているかを察すること。もうこれをするには楽曲が体に染み付いていることバックの全ての演奏がバラバラに聞けているのはもちろん出来ている状態です。いかに頭の中に余裕の空間を作るかが鍵になってきます。いやでも…そうは言っておいても心の中はヤバイ、ヤバイでいっぱいなんですけどね。

その冷静さを保つのも日頃から特訓するのみ、です。

「あれれ、私の歌に飽きてきた?」の時

大体一曲目は聞いてくれる。だけど、、あそこにいる2人が話し始めた。。お食事を初めてステージを見ていない、、ボーカリストは常に会場の中心にいるので、そういったことが起きた場合一番焦るのではないでしょうか?(分かりませんが)

そんな時、私は表現方法を変えたりセットリストを本番中に変えたり、パフォーマンスを派手にしたりします。曲によってはお客さまにマイクを向けたりそこでなぜシャウト?もやったりします。

1人のお客様が飽きてきたなら、あとは人数が増えて行くだけ。早めに適切処置を行いましょう。キャラが合えばモノマネなど突然やるとエンターティナーとしてあなたの格が上がりますね✨

さて、、ピンチの時どう挽回しますか?どう、誤魔化し、、誤魔化せますか??

順番を間違わないこと

タイトルにも書いた通り、空間を捉えた後に空気を操るの順番に行ってください。必ず、

空間を捉える→空気を操る

の順番で行いましょう。どちらかをやらなかったり、順番を逆にすると事故ります。。

初対面の人たちとセッションする時でも、それぞれが出す音を一瞬でも聞かずして感覚を合わせるのは無理ですよね。顔を見て…持っている楽器でどんな演奏をするのかが分かれば一番良いのですが、、。

こんなノリで歌ったら音の乗ってみんなで楽しめるかもなど、一瞬で把握できたら完璧です。そういったことも日頃からセッションバーに行ったり、多くのミュージシャンと音を出していると自然ん身についてきますよ。ようは、結果カッコ良く音を最後まで出せたら良いのです。

その為にも、余裕を持てるようにすること・適応能力を育てること・ボーカリストとしての実力や引き出しを多く持っておくことが大切です😊

音が鳴ってしまったら止めることも後戻りすることもできません。。もう、やるしかない精神で頑張ってください👏(そんな緊張感を乗り越えてこその感動もメンバーやお客様と共有でき、また良いものです。)

ステージ上での信頼感

1人でステージに立っている訳ではないので、メンバーとの意思疎通も大切。

お客様の反応が変わった・会場の空気が持って行かれそう…。そんな時はコレ。

全メンバーの音を自分の歌に持っていく

こうする事で、ステージと会場の空気を自分の意思1つで持って行くことができます。ワンマンタイプのボーカリストだと操ることができますが自分勝手は禁物。協調性を忘れないようにしましょう!全員が「この空気感気持ち良い」という空間作りにしなければ暴走してしまうだけになってしまうのです。

冷静さを忘れずに

心の中は汗かいてばかり。穴があったら入りたいくらいピンチ!の時でも演奏を止める訳にはいきません。プロフェッショナルなメンバーと共にやっているのでしたらボーカリストの気持ちや立場を汲み取ってくれ、必ずと言って良いほど助けてくれます。そんな時でも冷静さは一瞬たりともブレずに保ち続けてください。

例えると、グラグラしている橋の上を歩いていても次の一歩をどう踏み出すかを考えられる恋人の浮気現場に遭遇しても冷静に話ができるか?でしょうか…

冷静さとエネルギーの対なるバランス感覚は日頃から養っていきましょう。きっと人間的にも大きく成長できるのではないでしょうか?

フロアからの「欲しい」を沢山あげる

この曲は好みに合わなかった・このジャンルは好きじゃなかったみたい、など、表面的なことが原因でない場合があります。どんなことが求められているのか、あるあるパターンをご紹介します。

楽しい!が欲しかった。

どんな歌うたおうと、オリジナルであろうと、結果何でも良かった場合があります。ステージを見てどんな時間を過ごしたいのかの真意を察するようにしましょう。誰もが知っている曲を演奏することで盛り上がるかもしれませんが、演奏力が低かったり楽しませたい気持ちがなければ本末転倒。

逆に、誰も知らないオリジナル曲で大いに盛り上がらせることだって十分に可能なのです!

恋人と素敵な空間を過ごしたかった。

ライブハウスやライブバー、イベント会場などカップルやご夫婦など必ずいらっしゃいますよね?プライベートの時間をそこの場に費やしているのですから、つまらないと感じたら他へ行ってしまいます。そんな方達へ、どう過ごしてもらうか?もボーカリストやミュージシャンの大きな役目。

一緒に楽しんでもらう

バラードを歌う

一緒に歌える歌を歌う

年代に合わせた歌をカバーする

など沢山あります。どれをやれば良いでしょうか?

できるもの、

全部

やりましょう!!

で、お願いします。

駆け引きで最後の大盛り上がりに持っていく

駆け引きとは、あえて盛り上げる・あえて引いてみるのことです。そうすることで飽きずに、そして疲れずに最後まで見てもらえる、よくある手法。そこをどうやってやるのかは、引き出しを増やしておくと、本番でどんな状況でも対応・順応できます。

自分がやりたいステージは?と具体的に書き出してみると良いかもしれませんね。

お客様、全員見れない場合

一番興味を持っている客様、もしくは一番冷静に見ているお客様どちらか選ぶのはいかがでしょうか?

一番興味を持っているお客様に楽しんでもらえたら周りに伝染していきます。

逆に一番冷静に見ているお客様をターゲットにしたのなら、ステージを楽しんでもらう為のパフォーマンスが増える訳ですから一気に盛り上がる可能性だってあります。

どちらを選ぶにせよ、コツは親近感。あなたのキャラで親近感を持ってもらいますか?歌詞で持ってもらいますか?歌声で持ってもらいますか?

会場の空間を捉え、空気を操るというのは、まず自分を操れるようになることが大事。

こう考えると修行しているみたいですね!でも、こんなに楽しい仕事はありません。あなたの好きなようにステージを作っていってくださいね!

 

↓↓ご登録お願いします↓↓

📱オンラインレッスンやライブなど最新情報を受け取る🐠

金魚Official LINE

 

📺YOUTUBEで観る🐠

金魚CHANNEL

 

 

ソファやベットで気軽に出来る、金魚メソッドをオンラインレッスンから導入します🎤

気軽に始めたい方、時間が無い方にピッタリ!もちろん、本格的にやりたい方にも合わせたメソッドも惜しみなく用意致しました。

お申し込みの方には、あなたの歌声を5項目のチェックシートから診断し、未来の自分像に合わせたアドバイスや詳しい実践方法を書いたPDFをプレゼントします🗒

オンラインレッスンを詳しく見る

 

リップロールの効果1
不公平だし不平等
バンドマン•ミュージシャンがなぜモテるのか?
ボーカリスト必須、発声を駆使するとは?
コロナの時代、ミュージシャンはどう生きる?
タイトルとURLをコピーしました