生演奏で歌う!ボーカリストの心得 ③

初級

気の知れた仲間たちと一緒にライブをすることになった時、「親しい仲にも礼儀あり」の行動も大切です。より最高のステージにする為に、意識した方が良いことをいくつかお伝えします。

 

🌱初めましての方はこちら📲

 

このサイトに訪問下さりありがとうございます。金魚です。

『歌が下手過ぎて夜も眠れない!』を怒鳴られていた私がなぜ音楽で収入を得られるようになったのか?何を経て教える立場になれたのかを細かく噛み砕きながらテーマごとにお伝えしていきます。

質問、聞きたいテーマなど大募集!

 

音量バランスに気をつける

音楽スタジオやライブ会場はいくら音量を出しても良いと思いがちですが、生演奏で気をつけたいのは全体のバランス

小さすぎても迫力や刺激がない

大きすぎても難聴になるだけ

そういった場合、メンバー全員で毎回話し合うのが大切です。何かの楽器の音量を下げると他の楽器の音が聴きやすくなったり、あなたの歌声の良さがより分かってくれるかもしれません。つまり、メンバー全員が心地よく演奏できる環境を作ることがより楽しめるコツなのです。

そうして、ボーカリストとしての魅力を知ってもらう為に努力やアピールをしていきましょう!

もちろんボーカルの声を出しすぎてはいけません。(念の為)

各パートの音を上手に聞き分ける

ギターやキーボードなど、演奏者と2人で生演奏するのでしたら良く聞き取れますよね。これが3人、4人、それ以上になった場合、それぞれの音を聞き取れますか?一斉に1つの音しか聞こえない方は1つの音だけ聞き取る意識をしましょう。ドラム・ベース・ギター、、どれでも構いません。あなたがやりやすい所からやるのが近道です。

それが出来たら2つの音を聞き分けられるように応用していきましょう。そうすることで、あなたの歌声も客観的に聞けるようになってきますよ♪

もちろん、最適な音量バランスも感覚で掴めるようになってきます。

メンバーと同じ空気感で歌う

ボーカリストにありがちな自分が歌うことしか考えていないさん。演奏者の音を冷静に聞けずに1人孤立して歌ってしまうことがしばしばあります。

カラオケとは違うので生演奏で歌うのに慣れなく、歌うことで精一杯になってしまうことも当然かもしれません。しかし演奏者は生身の人間です。あなたが意思を持ってマイクを持つように、演奏者も意思があり楽器を持ちます。

ですから、どんな気持ちで弾いているのかな?どういうことを伝えたいのかな?など想像してみると良いでしょう。

そういった相手を察しながらする、日常会話にも似ているかもしれませんね。そういう阿吽の呼吸が生演奏の中で出来ると最高に気持ち良いですよ。

その時のメンバーだから…その時の感情だからできる、二度と同じ演奏は出来ないミラクルな体験をどうぞ体感して下さいね!

 

↓↓ご登録お願いします↓↓

📱オンラインレッスンやライブなど最新情報を受け取る🐠

金魚Official LINE

 

📺YOUTUBEで観る🐠

金魚CHANNEL

 

 

ソファやベットで気軽に出来る、金魚メソッドをオンラインレッスンから導入します🎤

気軽に始めたい方、時間が無い方にピッタリ!もちろん、本格的にやりたい方にも合わせたメソッドも惜しみなく用意致しました。

お申し込みの方には、あなたの歌声を5項目のチェックシートから診断し、未来の自分像に合わせたアドバイスや詳しい実践方法を書いたPDFをプレゼントします🗒

オンラインレッスンを詳しく見る

 

リップロールの効果1
不公平だし不平等
バンドマン•ミュージシャンがなぜモテるのか?
ボーカリスト必須、発声を駆使するとは?
コロナの時代、ミュージシャンはどう生きる?
タイトルとURLをコピーしました