自己流ボイトレの落とし穴 ー滑舌編ー

初級

「自分の声は自分が良く知っている。だから自分で研究するのが一番だ。」と日々トレーニングされている方に必要なワンポイントをお伝えします。これでファンの幅を広げましょう!

 

🌱初めましての方はこちら📲

 

このサイトに訪問下さりありがとうございます。金魚です。

『歌が下手過ぎて夜も眠れない!』を怒鳴られていた私がなぜ音楽で収入を得られるようになったのか?何を経て教える立場になれたのかを細かく噛み砕きながらテーマごとにお伝えしていきます。

質問、聞きたいテーマなど大募集!

 

基礎トレーニング

自己流の発声自分で聞いてもウットリする声質誰にも真似できない表現のクセ。そこまで極められていることは素晴らしいと思います!知らず知らずのうちにファンもついて来ているのではないでしょうか?目標もうんと高いと思います✨

そんなあなたに、もう一段階上手くなるとっておきの方法をお伝えしますね!

滑舌と声の関係

普段話し慣れている日本語なのに、歌になると聞こえづらいと言われたことはありませんか?

自己流ボイトレをやられている方によくある落とし穴パターンです😭

滑舌の聴かせ方

「歌詞が聞こえるように歌って」と言われ、とにかくハッキリ口を開け閉めして歌った経験はありませんか?これ、実はNGなんです。

普段、みなさんが話している「おはようございます(9文字)」や「ありがとうございます(10文字)」全てハッキリ滑舌していますか?9回もしくは10回も口の開け閉めをするのは大変ですよね?

ちなみに私は、はよーござま〜す!」とこんなイントネーションで挨拶するのがクセになっております。

そんな私が、「お は よ う ご ざ い ま す!」と言ったらぎこちないどころか、兵隊さん?ロボット?と思われてしまいますね。

それと一緒で、歌でも全ての歌詞を強く(ハッキリ)言うことで歌詞が逆に聞き取れなくなってしまうのです。

あなたはどうですか?いつも話している言葉のイントネーションそのまま歌えていますか?それこそあなたの個性となり武器になりますよ!

滑舌と発声の関係

歌の中で一番に盛り上がる部分は力が入ってしまいがちです。その身についてしまった癖を直したい場合はこちらをご覧ください。

がぎぐげごなど、濁音が入っている歌詞の部分に力が入ってしまうと当然喉にも負担がかかります。自分の声の出し方の軸からブレてしまうとレコーディングや長時間のライブでは声が持ちません。自己流でボイトレをやっているのならトレーナーも自分1人しかいませんので、普段からいざという時のための対処法をいくつも覚えていた方が良いでしょう。

今日は調子が悪いと何度も咳払いしたり喉仏のあたりをグニグニを動かすのは喉の負担にしかなりませんので絶対に止めて下さい。

最初から滑舌が綺麗な人はあまりいない

声を使うお仕事されている方は最初から完璧な訳ではありません。どんな方にだって素人、アマチュアの時代はあった訳です。どんな歌い手になりたいですか?と聞かれて、ボーカリストになりたい・アーティストになりたいなど方向性は違う訳ですから、アナウンサーのように綺麗な滑舌を目指すとも違いますよね。

全て完璧にしようとするほど個性が無くなっていってしまったり無いよう気をつけて下さい。

オーディエンスはあなたの滑舌をチェックするために聞いているのではありません。

カッコいいね!気持ちいいね!など言われるような全体のバランスが取れている歌唱力を目指してくださいね✨

 

↓↓ご登録お願いします↓↓

📱オンラインレッスンやライブなど最新情報を受け取る🐠

金魚Official LINE

 

📺YOUTUBEで観る🐠

金魚CHANNEL

 

 

ソファやベットで気軽に出来る、金魚メソッドをオンラインレッスンから導入します🎤

気軽に始めたい方、時間が無い方にピッタリ!もちろん、本格的にやりたい方にも合わせたメソッドも惜しみなく用意致しました。

お申し込みの方には、あなたの歌声を5項目のチェックシートから診断し、未来の自分像に合わせたアドバイスや詳しい実践方法を書いたPDFをプレゼントします🗒

オンラインレッスンを詳しく見る

 

リップロールの効果1
バンドマン•ミュージシャンがなぜモテるのか?
不公平だし不平等
ボーカリスト必須、発声を駆使するとは?
コロナの時代、ミュージシャンはどう生きる?
タイトルとURLをコピーしました