生演奏で歌う!ボーカリストの心得 ②

中級

ライブバーなどで定期的に行われているセッションに誘われた!オリジナルしか歌えない・即興なんかできない・見学だけでいい?と、弱気なアナタへ初めて合う人と音を合わせる為の優しいコツをお伝えします。

 

🌱初めましての方はこちら📲

 

このサイトに訪問下さりありがとうございます。金魚です。

『歌が下手過ぎて夜も眠れない!』を怒鳴られていた私がなぜ音楽で収入を得られるようになったのか?何を経て教える立場になれたのかを細かく噛み砕きながらテーマごとにお伝えしていきます。

質問、聞きたいテーマなど大募集!

 

セッションて何?

ギターやキーボード・ベーシストにドラムが初対面でステージに上がり、同じ曲を一斉に演奏し音で遊ぶことです。

ライブバーなどで企画している今日はセッションデーですの告知見たことありませんか?

どんなことが行われているの?中に入ると誘われそうだから、音楽やっているって言わない方がいいかな?とビクビクする方が多いと思います。かくいう私もそういうプレッシャーにとても弱いタイプなので、「今日は観に来ました!何もしません。」という意気込みで何度も行ったことがありました。

そういう時に限って初対面の人と仲良くなり、「じゃ、何か歌ってよ」と頼まれ逃げられなくなったこともしばしば。仕方ありません。だって、ボーカルって殆どいないのですから。。笑

セッションとは初対面の人とでも演奏を楽しめるステージです。

セッションデーとは言ってもある程度ジャンルに分けられています。シャズ、ブルース、ソウル、80年代、ディスコソングなどなど。ジャズ&ブルースセッションと書かれている場合はミュージシャンなら誰でも知っている楽曲をやるので、難易度は低めで譜面も見て良い場合があります。

最近ではJPOPをセッションしているハコもあります。そこではボーカリストの参加者がとても多いので参加しやすいのではないでしょうか?

さて、実際どんな流れで進行して行くのでしょうか?

セッションには必ずホストがいる

いわゆる仕切り役で1人〜3人で行われ、「次ベース弾いて」「次○○の曲やるから叩いて」と参加者に声をかけていきます。日によってギターが多かったり唯一のサックス奏者がいたり様々。

どの組み合わせが良いかホストは考えながらやるのでミュージシャンの知り合いは多いですし、相談しやすい存在です。ですから、「今日は見学で来た」「○○だったら歌える」と予め伝えておくことが大切です。

参加しやすい場所に行く

譜面も見ずに高度な楽曲を即興で演奏するようなレベルの高いジャズバーに行くと、間違いなく心が折れます。笑

まずは気軽に参加出来るチャージ料金・ジャンルに特化していない場所に行くと良いでしょう。そういう場所でしたら歌詞を見て歌うことも可能です。

ジャズセッションと言っても、カーペンターズやビートルズなど誰もが知っている曲もやってくれます。黒本と呼ばれる本を渡され、そこから選ぶことも可。

セッションホストは相性良い人たちとステージに立たせてくれますので安心して下さいね。最近では生演奏で歌うカラオケというイメージで参加する人も多いのでそこからデビューするのもアリ。知り合いも増えますし、ミュージシャンに悩み相談もしやすいです。誰もが初めては分からないと知っているので興味を持ったらなるべく早い段階で参加されることをお勧めします♪

ライブとは違うのでお気軽に

自分のライブだど、お客さんを呼ばなきゃ!衣装はどうしよう?とやることがいっぱい。しかしセッションだと仕事帰りの服装でok。お酒も少し飲んだ方がみんなと仲良くできるかも…など、演奏も楽しみながらたまに歌う。そんな気軽に参加できる音の遊び場と思って良いでしょう。

一緒にライブするミュージシャンを探す目的で参加するのも良いですね。プロ・アマ関係なく本当に沢山のミュージシャンがいますから気軽に参加してみて下さいね!あっという間に横の繋がりができ音楽の楽しみ方が増えますよ♪

 

↓↓ご登録お願いします↓↓

📱オンラインレッスンやライブなど最新情報を受け取る🐠

金魚Official LINE

 

📺YOUTUBEで観る🐠

金魚CHANNEL

 

 

ソファやベットで気軽に出来る、金魚メソッドをオンラインレッスンから導入します🎤

気軽に始めたい方、時間が無い方にピッタリ!もちろん、本格的にやりたい方にも合わせたメソッドも惜しみなく用意致しました。

お申し込みの方には、あなたの歌声を5項目のチェックシートから診断し、未来の自分像に合わせたアドバイスや詳しい実践方法を書いたPDFをプレゼントします🗒

オンラインレッスンを詳しく見る

 

リップロールの効果1
不公平だし不平等
バンドマン•ミュージシャンがなぜモテるのか?
ボーカリスト必須、発声を駆使するとは?
コロナの時代、ミュージシャンはどう生きる?
タイトルとURLをコピーしました